日常生活の見直しで解消

ホルモンが関係しているむくみの原因を取り除くことはなかなか難しいのが現状です。

ですが塩分の取りすぎ、過剰なアルコールの摂取、暴飲暴食や睡眠をしっかりととってないことが原因でホルモンのバランスが崩れていてむくんでいるという人は解消させるために日常生活を見直すことで十分な改善をすることは可能ではないでしょうか。そして下半身を使って適度な運動を心がければむくみを十分に解消させることもできます。

人により生理前などはPMSつまり月経前症候群の症状が現れるためにつらい症状に悩まされている人もいるかと思いますが、この症状がひどくてむくみもひどい人はあまり無理をしないでこの時期は体も心もリラックスできる時間をつくるよう努力することが必要です。

早めに睡眠を取るようにして、バランスのいい食事をとり、入浴、足湯などを行って体を温めて冷やさないようにするなどの配慮も、ホルモンが原因の足のむくみを解消させる方法の1つと言えるので行ってみるといいでしょう。

冷え性を抱えている人はむくみと冷え症のどちらの症状も現れるためにたいへん辛い時期を迎えていることが多いかもしれませんが、解消できないわけではありませんので、解消できるよう日常生活を改善しましょう。

運動不足によるむくみには

運動不足が原因でむくんでいる人も多いのではないでしょうか。運動不足がまさかむくみにつながるとは思っても見ない人も多いかもしれませんが実は運動不足が原因でむくむことは十分にあり得るのです。

筋肉が運動をしないせいで不足している、筋肉を動かしていないせいで凝り固まっていることが原因でリンパの流れが悪くなっている、血液の流れが悪くなっていることが原因でむくみの症状が現れるのです。

筋肉にはリンパ液や血液を心臓に押し戻すポンプ作用という働きがありますが、これが筋肉がないために機能していないと考えられます。それが原因でむくんでいる人もヨガを行えば改善できます。

ヨガのポーズはどれもしなやかなポーズばかりですが、これらのポーズを取っていれば、だんだん筋肉も付いてくるのです。

柔らかくて、そしていい質の筋肉が体についてくれれば働かなかったポンプ機能も働いてくれますので、その結果リンパの流れも血液の流れもよくなり、水分が染み出たり、蓄積されるということがないのでむくみを解消することにつながるでしょう。

ヨガで筋肉をつけるというイメージがなかった人も、毎日ポーズをしていると自然と筋肉をつけることができますから続けましょう。

関連する記事